利用するのに最適な業態

利用するのに最適な業態

利用するのに最適な業態 会社にとってオフィスの立地や内装次第で、取引先や銀行から得られる信用や仕事の効率などが大きく変わってきます。
しかし中にはオフィスは構えたいけれども、そこに実態がなくても構わないという業態もあります。
そんな会社にとってはバーチャルオフィスは最適です。

具体的にどのような業態であればバーチャルオフィスを活用できるのかというと、例えばネット上で展開しているECショップなどは、在庫を置いておく倉庫は必要でもオフィスに顧客が来る必要はないのでバーチャルオフィスで十分です。
またセミナーの講師やコンサルタントなど顧客のもとに赴いて講演をしたりアドバイスをすることが仕事内容というときも現実のオフィスにオフィスがある必要はありません。
逆に、接客が中心となる仕事の場合には、不特定多数の顧客が来る事が前提となりますから現実のオフィスがなければ話になりません。
向いていないときには、バーチャルオフィスの方で契約を断ることもあります。

制限や個人情報の漏えい対策としてバーチャルオフィスを利用

制限や個人情報の漏えい対策としてバーチャルオフィスを利用 会社を設立するときには、多額な初期費用や人件費などの資金が必要になりますが、バーチャルオフィスを利用するとオフィス物件を賃貸契約するよりも、敷金や礼金などの家賃などを大幅にコストダウンすることができます。
バーチャルオフィスには受付や電話応対スタッフなどのサービスも利用することができ、人件費もダウンすることが可能です。
法人事業だけでなく個人事業ではっても会社の住所は必須事項となっています。
会社の住所は、ホームページや名刺に記載することになり、取引先や顧客への信頼を得るためにも必要です。
事業実績が安定していない起業したばかりでは、都心の一等地にオフィスを借りるにはなかなか難しく、架空の住所を記載することは特定商法取引違反となって業務停止になってしまいます。
自宅をオフィスとして兼用利用する場合には、個人情報の漏えいの心配や業務内容の制限といったデメリットがあることから、バーチャルオフィスを選んでいる人が多いです。

新着情報

◎2018/8/6

利用するのに最適な業態
の情報を更新しました。

◎2018/4/3

バーチャルオフィスの受付
の情報を更新しました。

◎2017/12/1

オフィスのおすすめエリア
の情報を更新しました。

◎2017/9/1

スマートに起業
の情報を更新しました。

◎2017/7/5

生活に便利
の情報を更新しました。

◎2017/6/7

サイトを公開しました

「オフィス 業態」
に関連するツイート
Twitter